コラム

2020.08.06 

和室からオシャレな洋室、和モダンにリノベーション!注意点は?

 

古い和室をなくして広いリビングにしたい

洋も和も取り入れ和モダンにしたい

実際のところどのように改装すれば、住みやすくオシャレなリビングに生まれ変わるのか悩みやすいポイント。そんな和室のリフォームやリノベーションのアイデアや、洋室化する際に気をつけるべき注意点、和を活かす和モダンな空間を解説します。

 

和室とリビングを一体化する際のポイント

リビングと和室の間の壁を壊す時、壊せない壁が存在します。木造住宅には、建物を支えるために筋交いや構造用合板が入っている耐力壁があります。耐力壁は撤去すると、建物の歪みや倒壊の原因になる可能性があり注意が必要です。

和室だった部屋は、畳の厚さに合わせて床を他の部屋より低く設計している場合があります。その場合、リビングと和室だった場所で段差ができてしまうので注意が必要です。マンションの場合、建物の構造体は共用部分のコンクリートを削ることはできません。床レベルの高い部屋に合わせて、下地を組み直す工事が必要となります。天井高が低い物件だと、床が上がることで、圧迫感が出てしまうことがあるので注意が必要です。

和室の天井の高さが違っているのを揃えたい場合、下地を組み直す必要があり、注意すべき点は、排気ダクトの配管です。なるべく凹凸が目立たないように空調設備やキッチン(換気扇)などの排気経路をよく考える必要があります。

 

和モダンな空間づくり

和と洋を部屋に取り入れたい場合はどのようなデザインすればよいのでしょう?
和室の畳は、流行りの琉球畳など縁(へり)のないものに取り替えるだけでも、雰囲気が変わります。
ヘリの部分がない分、スッキリとしたデザインが特徴です。さまざまな色が選べ、床をオシャレに演出できます。

和室とリビングを一体化して、一角に畳スペースを設ける半独立型の空間が人気があります。
あえて段差を強調して小上がりのスペースにすると、ベンチのように腰掛けられたり、床下に空間が空いた分、収納も可能です。

 

 

まとめ

 

今回は、和室から洋室に、または和モダンに、知っておきたいポイントをご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考に、検討されてみてはいかがでしょうか。お客様が心地良いと感じる空間を作るための手助けになれば幸いです。

物件購入からリフォームまでワンストップでサポート可能です。

住みたい地域やどのような物件が良いのかなど物件購入に関してお悩みの方もお気軽にご相談ください。

 

またfree’s Lifeでは各種セミナーを常時開催しております。

中古住宅購入でご不安な事があれば小さなことでも構いません!是非ご相談ください☻